update:2018/08/17 11:47

アジア競技会男子サッカーのU-21日本代表戦は、16日対パキスタンに4-0で勝利。板倉フル出場。2連勝で決勝T進出確定。予選第3戦対ベトナム戦は8/19の19時。Paraviで中継。

鈴木あぐり、高平選手出場、U-20女子W杯フジテレビNEXTで中継。対パラグアイ戦6-0(高平後半出場)。ドイツとの準々決勝は18日(土)2:30。生中継ほかあり。

〇9/1清水戦、9/15FC東京戦のサポ自、自由席南タオフマフラー付きチケット、A指定南ペアシートは、8/5Jリーグチケットで発売

⚽8/22天皇杯対横浜FM戦、チケット8/4発売 iconスカイAのTV中継のみあり(税別1,390円で視聴可能)

[L]8/14-18ベガルタ仙台レディース 石巻キャンプ 19日13時オルカ鴨川FCと練習試合


8月26日(日) 2019年度新高一(現在中学3年生)対象、ベガルタ仙台ユースセレクション
8月22日まで所定の用紙で事前郵送申し込み。参加料3000円必要。プロ指向のユース希望選手は是非!

「VEGALTA FREE Wi-Fi」の登録方法 公式スタグル情報

続きを読む


22節:対湘南4-1、関口の走りで逆転呼び込み、大勝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018J1 22節 2018年8月15日(水)19:00 ベガルタ仙台4-1湘南ベルマーレ ユアスタ仙台

ハーフナーマイク
(中野)
西村 石原
(常田) 
関口   蜂須賀
(永戸)  
 奥埜 富田
椎橋 大岩 平岡

シュミット

サブは、関、永戸、常田、梁、中野、ジャーメイン良、阿部。湘南はFW山崎、梅崎、菊地、MF高橋諒、秋野、齋藤、藤田、DF山根、坂、岡本、GK秋元。小川、鈴木国友、松田天馬はベンチスタート。

柏戦から中3日で、ホームで湘南と対戦。今季、湘南とは4回目の対戦。また、ベガルタはDF板倉、湘南はDF杉岡が、共にアジア競技会でいない。

試合は、序盤、中央、サイドとベガルタを押し広げながら、裏をえぐってくる湘南に防戦一方。12分、湘南のロングスローから、、関口のオウンゴールで失点。しかし、その嫌なムードを振り払ったのも関口。相手のクリアミスを拾うと、左45度、緩急をつけたドリブルから、自分で決めて1-1と、わずか3分で同点に追いついた。

21節:対柏2-0、守備修正、奥埜、西村のゴールで快勝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018J1 21節 2018年8月11日(土祝)19:00 ベガルタ仙台2-0柏レイソル 三協フロンテア柏スタジアム

阿部 石原
(椎橋)(西村)
関口   蜂須賀
(永戸)  
中野 奥埜
 
富田

板倉 大岩 平岡

シュミット

サブは、関、永戸、梁、古林、椎橋、西村、ハーフナーマイク。柏は、FWクリスティアーノ、江坂、伊東、MF瀬川、手塚、小泉、DF高木、パク、ナタンヒベイロ、小池、GK桐畑。中山、山崎、大谷、亀川はベンチスタート。

立ち上がりは、柏の伊東やクリスチアーノの仕掛け、中央のスルーパスにピンチも、シュミットダニエルのファインセーブや平岡らの寄せでしのぐ。攻撃では阿部が縦横の動き、素早くシュート。関口が仕掛けて小池の上がりを減ずる。すると、後半14分、阿部のクロスを、奥埜が技ありヘッドで決め先制。34分には、石原に代わって入った西村が、右から持ち込んで2点目。最後は、阿部に代え椎橋を入れ、奥埜をトップに上げる守備体制で守り切り、久々の勝利を完封で飾った、

20節:対磐田2-3、決定機決め切れず、AT逆転許す

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018J1 20節 2018年8月5日(日)19:00 ベガルタ仙台2-3ジュビロ磐田 ヤマハスタジアム

ハーフナーマイク
(阿部) 
西村 石原
中野   蜂須賀
    (古林) 
富田 奥埜 
   (梁) 
板倉 大岩 平岡

シュミットダニエル

サブは、関、永戸、梁、古林、椎橋、関口、阿部。磐田は、FW川又、大久保、MF上原、松本、松浦、田口、DF高橋、小川大貴、櫻内、大井、GKカミンスキー。山田大記、中野、山本はベンチスタート。

磐田にボールを持たれる展開。前半32分、蜂須賀の裏へのクロスに中野が走りこんで先制。しかし前半ATに左からのクロスに川又に頭で決められ同点。後半14分、コーナーのこぼれをマイクに代わって入った阿部が決めて勝ち越すが、32分またも左から崩され、中野誠也に決められ同点とさる。そして後半AT、FKのこぼれを大井に押し込まれが逆転許す。マイク、西村、阿部が、フリーを決めきれなかったが効いた。

この8月に、インドネシアのジャカルタ・パレンバン行われる、2018年第18回アジア競技大会のサッカー競技に、ベガルタ仙台から、日本男子代表(U-21)に、DF板倉滉、女子日本代表(フル)に、DF市瀬菜々の両選手が選出されました。

(8月12日更新:市瀬は怪我のため出場辞退となりました)

両選手には、コンディションを整えて、いかんなく実力を発揮、チームの勝利に貢献して頂きたいと思います。

ECヴィトーリア(ブラジル)より、7月31日までの期限付き移籍中だった、FWラファエルソン(Rafaelson Bezerra Fernandes)選手が、完全移籍で加入となりました。

183cm、93kg、21歳。3月に足指骨折して、長期離脱していましたが、中断期のキャンプから練習に加わっており、これから大いに暴れてほしいものです。